2024年 巡回講習会

6月1日 北ガス札幌46にて

今年も、表題の講習会が開催され、私も参加しました。

曲目は写真の通り6曲です

 

 「グスタフ・スコール」ですが、以前紹介しました通り、

  私が、小学校3年生(1966年)のときにこの曲を教わりました。

 今回は、その時と動きが異なっています。

 アーチは、小学校では8拍でしたが、今回は16拍で、

 両手まわりやエルボで回転はありませんでした。

 

 「アダのクヤヴィアク№1」ですが、一部動きの変更が

 ありました。 バンジョーポジションで、CW4小節まわり

 の後、サイドカーポジションでCCW4小節前進回転になりました。

 「Dance  Odonya」さんの動画では、後退回転の動きになっています。

 

www.youtube.com

あと1つ、気になるのは、男性(男役)が左膝を「トントン」と

たたくところがあり、そこで動きが止まっているようですが、

講習会では、女性がCWに後退の回転を始めることになっています。

 

 その後、江別フォークダンスサークルで、この曲も練習

 しましたが、やはり「左膝トントン」で動きが止まって

 いる人がいました。 

 

 「ドルル・ザッツリグ」ですが、逆LODにヒール👠、トゥ

  するところがあり、そこは、男性左手、女性右手を

  折ることになりました。

  以前の動画では、そのまま延ばしたままになっていました。

  また、ショティッシュのメロディを聞いて

  「ジャパネットたかた」の

  CMソングが当てはまるので、

  思わず「♪ジャーパネット ジャパネット」

  なんて歌ってしまいました。😊

 

   これからも、間違ってもいいから楽しく

   フォークダンスを続けていきたいものです。

   

 

2024年 6月のご挨拶

早くも6月でして、1年も早いもんだなあと感じます。

 

 先日(6月1日)、巡回講習会に参加しました。

後日、紹介します。

 

 今月ですが、30日に釧路市で「道東フォークダンス大会」

が開催されます。

 今回は、会場の都合等で1日日程だそうです。 

 

 文化祭舞台発表推薦曲シリーズですが、今月は

 「バルカン諸国」を中心に紹介したいと思います。

 

 今月もよろしくお願いいたします。

文化祭舞台発表推薦曲⑦ 補足説明

前回、ブリテン(イギリス)部門で10曲紹介しましたが、

いろいろ補足説明があればと思いました。

 

 SCD(スコティッシュ カントリーダンス)で、

いつも気になることですが、いわゆる雑な立ち方

している人が気になります。

 Junaさんが、全国のSCDの講習会に参加された時、

講師のH先生から、注意されたそうです。

 そのときの記事を紹介します。 

 スコティッシュ講習会-1: フォーク・ミュージック & フォーク・ダンス (seesaa.net) 

また、2ビートパデバにならないようにしましょう。

 

 ECD(イングリッシュ カントリーダンス)ですが、

「マーガレッツ ワルツ」で、なぜか日本フォークダンス連盟は

本来の曲を使ってないようです。 

 そして、斜め右、斜め左に進むところが、なぜか

日本では、オクラホマミクサーのようにバルソビアナ

ポジションになっています。

 このことで、前出のjunaさんのブログから紹介します。

マーガレッツ・ワルツ(踊り方): フォーク・ミュージック & フォーク・ダンス (seesaa.net)  

 この曲の編曲で、1回の踊りが32小節で、1曲が48小節 

と書かれてあり、よく聞いてみたら、16小節が繰り返しの

メロディとなっており、その繰り返しを省略すれば、

1回の踊りと曲がうまく合います。

 なぜ、そのように編曲しなかったのでしょうか? 

 

 「サーカシアン サークル」ですが、写真の本を

 買ったときに知り、社交ダンスをやっていたときの

 人から、この曲を踊ったことがあると聞きました。

 


 楽譜付で、「マイムマイム」等も掲載されています。

 

 

文化祭舞台発表推薦曲⑦

久しぶりの更新で申し訳ございません。

このシリーズも7回目でして、今回は「ブリテン

(イギリス)」から紹介します。

 

 まず、SCD(スコティッシュ カントリーダンス)部門

から紹介します。

 ① 51師団リール

  2001年に45周年のCDで、一番最初に

 登場した曲で、勢いのある曲だと感じました。

 今は、見れませんが、京都府内のフォークダンスサークルが

舞台発表で披露したのを思い出しました。

51師団リール(Reel of the 51st Division):カズのFDDB (yatta.us) 

 ② トリプルハピネス

   日本語に訳せば、三重(さんじゅう)の幸福で

 三重は「みえ」と読めるので、三重県に住んで

 幸福になることかと思いました。

 解説を見れば、三重県と関係がありました。

トリプル・ハピネス  (Triple Happiness) :カズのFDDB (yatta.us) 

 ③ ジプシー ドリームス 

 「みんなでおどろう45」では、ピアノの音色が

 優雅なので、この曲を推薦しました。

 

 次に、ECD(イングリッシュ カントリーダンス)部門

 から紹介します。

 ① マーガレッツ ワルツ

  「ポエムの会」に在籍していた時に、文化祭で

 舞台発表した曲です。 

 マーガレッツ・ワルツ (Magaret's Waltz):カズのFDDB (yatta.us) 

 ② セヴァン ボア 

   セヴァン河の渦潮という日本語訳が妥当だと思います。

   私の知り合いのカレー屋さんの娘さんが、フルート奏者で

  ピアノと協演(コラボ)できればと思いました。

 セヴァン・ボア (Severn Bore):カズのFDDB (yatta.us) 

 ③ ランドルフ フェアウエル

  「ポエムの会」に在籍していた時に教わり、

 文化祭の舞台発表の候補曲にもなりました。

 交流会でもこの曲が入っていました。

 ランドルフ・フェアウェル (Randolph Farewell):カズのFDDB (yatta.us) 

 

 最後は、ウエールズ(イギリス南部)他を紹介します。

 ① フェアウエル マリアン

   ハープの音色が素敵な曲です。

  パートナーチェンジもあり、優雅に踊りましょう。

 ② ウォーターフォール ワルツ

  ウォーターフォール・ワルツ (Waterfall Waitz):カズのFDDB (yatta.us) 

 「マーガレッツ ワルツ」同様、デュープルマイナーセットで

 踊る優雅な曲です。

 ③ サーカシアン サークル

 サーカシアン・サークル(Circassian Circle):カズのFDDB (yatta.us) 

 以前、社交ダンスをやっていたとき、ある女性の人が

 以前、フォークダンスをやっておられ、その時に

 思い出のある曲だそうです。

 私も、書店でフォークダンスの本を買って知りました。

 ④ ラ・リンカ

   スケートリンクのことで、これも「ポエムの会」に

  在籍していた時に、文化祭で発表した曲です。 

  

www.youtube.com

 

 以上ですが、 全体的にテンポがゆっくりとしたものを

 中心に紹介しました。

 

 5月のご挨拶で紹介しました、ヤフー時代からの

 ブログ仲間のJunaさんが踊っている

 「マーガレッツ ワルツ」を紹介します。 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

恵庭フォークダンス同好会

会場正面です

 4月29日(月・祝日)に、昨年に引き続き交流会が開催され、
 私も参加しました。

 

  参加者はサークルのメンバーを含め150名ちょいでした。 

開幕前の足慣らしです

 室蘭や苫小牧のブログ仲間とお会いすることができました。

 また、広島県のS先生(ルブリン舞踊団名誉団員)とFacebook
 仲間の、Kさんと踊ることもできました。

  最近は、心身のリフレッシュで、火曜日を休みにしているので、
  午後に江別フォークダンスサークルまで練習にいったりしている
  ので、ある程度体が動きましたが、知らない踊りだったり
  久しぶりの踊りで、踊り方が分からないのは、いわゆる
  「指名カンニング」で踊りました。 

  今回は、能登半島大震災の募金があり、参加費の半分と
  受付においてあった募金箱の合計を、恵庭市を通じて
  被災自治体等に送ることになりました。

エリザベス カドリールです

 まあ、セットものと、日本民舞は苦手ですから、ブログや
 Facebook等の資料になる写真を撮ったり、ちょいとばかり休憩
 時間になります。

  この日は、素晴らしい天気で、爽やかな風も吹いており、

  まさに「憧れのハワイ航路」のような天気でした。

 

www.youtube.com 

 これから、7月にかけて地域のフォークダンス大会や
サークルの交流会が開催される予定です。

 間違っても楽しく、知らなくても「指名カンニング」で
 楽しく踊れたらいいですね。 

2024年 5月のご挨拶

恵庭市の桜🌸です(4月29日撮影)

 新緑の季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 札幌(札幌近郊も含む)の桜も満開から散り始めと
 いったところです。

 

  先月は、上旬に道央支部フォークダンス大会に

 参加して、下旬には、恵庭市フォークダンスサークルの

 交流会に参加しました。 

  写真は恵庭市フォークダンスサークルの交流会の

 会場近くで撮影したものです。

 

  今月から7月に向けて、フォークダンスサークルの

 交流会や、地域のフォークダンス大会が開催される

 そうです。

  間違っても、楽しく踊りましょう。

 知らない曲は、指名カンニングで踊りましょう。

 

  文化祭舞台発表推薦曲シリーズですが、7番目は

 ブリテン(イギリス)を中心に紹介します。

 ですから、SCDやECDはもちろんあります。

 イギリス南部のウェールズの曲も紹介します。

  その中で「マーガレッツ ワルツ」は候補

 になっています。

  ヤフー時代からのブログ仲間のJunaさんから

 紹介のあった動画です。

 

www.youtube.com 

 男性で、私と同学年だそうです。

 

  今月もよろしくお願いいたします。

  

 

NHK 京都放送局から

ポーランドダンスの祭典や、昨年10月末に

母の納骨で、京都に行ったときにお世話に

なりました今井さんご夫妻が、NHK京都放送局

番組に出演されたとのことで、紹介します。

www.nhk.or.jp 4月17日に放送されました。 

 テーマは「フォークダンスで深まる夫婦の絆」です。

ポーランドの衣装は華やかでいいですね。☺ 

 

 なお 一定期間が経過すると見れなくなります。